終活診断士になるには?|終活診断士

お問い合わせは0120-500-611 日本クオリティオブライフ協会まで

HOME > 終活診断士になるには?

終活診断士になるには?

eラーニングで、必要なことを受講いただきます。

eラーニングシステムとは?
インターネットを利用した静止画や動画の映像、音声、文章などを組み合わせた新しい学習方法です。

認定までの流れ

1、ホームページから申込
eラーニングのお申し込みのご利用登録画面で必要事項をご記入ください。
内容をご確認の上、送信ボタンを押して下さい。
2、eラーニング受講料のお支払い
お申込み後、お振込先等をご案内するご確認メールが自動で返信されます。
メール配信後2週間以内にお振込みをお願いします。
3、eラーニングでの受講
入金確認後、1週間前後でIDとパスワードを発行します。
http://deli3.study.jp/よりメンバーページにログインして、テキストをダウンロードし、自主学習してください。
4、WEBでの認定試験
40問100点満点中75点以上で合格となります。
【点数配分】
終活診断士の役割 15点 / 終活概論 15点 / マネー 10点 / ルール 15点 / カラダ 10点 / ココロ 15点 / ケア 10点 / クヨウ 10点
5、合格発表
テストに合格するとクラストップページに「修了証を表示」という赤色のボタンが表示されます。
クリックすると修了証として「合格証明書」が表示されます。
6、認定手続き必要書類の送付
表示された合格証明書をプリントしてお手元に保管してください。
下記の必要書類を準備し、(1)~(4)は郵送、(5)はメール送信をお願いします。
(1) 合格証明書のコピー
合格証明書をプリントの上、コピーを同封してください。
(2) 誓約書
終活診断士の規約にご同意いただく誓約書にご署名・ご捺印をお願いします。
誓約書のダウンロードは、終活診断士協会ホームページよりお願いいたします。
(3) プロフィール登録用紙
登録内容は、チャレンジ終活応援団ホームページ内に掲載されます。
登録用紙の提出が無い場合は終活診断士受講申込時の内容で登録されます。
用紙のダウンロードは、終活診断士協会ホームページよりお願いいたします。
(4) 本人確認書類のコピー
本人確認書類【1】または【2】のいずれか

【1】1点で受理可能な顔写真付きの証明書

  • パスポート
  • 運転免許証 学生証(写真付き)
  • 社員証(写真付き)
  • 住民基本台帳カード(写真付き)
  • その他公的機関の発行する写真付き証明書

【2】2点の組み合わせで受理可能な証明書

  • 社員証(写真無し)
  • 学生証(写真無し)
  • クレジットカード(自筆署名付き)
  • 公立図書館・施設利用者カード(自筆署名付き)
  • 健康保険証(カード)
  • 住民票(交付日より3ヶ月以内)
  • その他公的機関が発行する証明書
(5) 顔写真データ
胸から上の正面を向いた状態で、明るい場所で撮影してください。
(1)~(4)郵送先
一般社団法人日本クオリティオブライフ協会 終活診断士養成講座事務局
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-20 新宿オミビル9
(5)メール送信先
一般社団法人日本クオリティオブライフ協会
7、 認定証の授与
必要書類をご返送いただいた後、規約に則り審査を行い、認定いたします。
認定は、必要書類到着日の翌々月1日とし、順次認定証を送付いたします。

認定までにかかる費用

  • eラーニング受講料・認定料:35,000円(+税)

カリキュラムの内容

役割

終活概論

マネー

ルール

カラダ

ココロ

ケア

クヨウ

資格制度概要

認定資格 終活診断士資格認定試験
受験の条件 高齢者サービスに関わるかた
※eラーニング(インターネットを利用した学習)8項目
 テキスト220 ページを自己学習後に受験いただきます。
eラーニングのお申し込みはこちら
試験形式 インターネット上で受験 合計40問
合格基準 75点以上(100点満点)
資格の認定 試験合格後、協会規約に則り誓約書ほか必要書類を提出いただき、資格認定を行います。
認定までにかかる費用 eラーニング受講料・認定料:35,000円(+税)
注意事項 終活診断士は相続問題や遺言、相続税の診断をする資格ではありません。
法律問題のアドバイスを有料で行うことは弁護士にしか許されていません。
また、税務問題については判断やアドバイスも税理士にしか許されていません。

受講のお申し込みはこちら

Copyright (C) qol.or.jp All Rights Reserved