終活診断士とは?|終活診断士

お問い合わせは0120-500-611 日本クオリティオブライフ協会まで

HOME > 終活診断士とは?

終活診断士とは?

ライフエンディング期のリスクとストレスのマネージャー

終活診断士の3つの機能

1. 支持的機能
いつも生活者の絶対的な味方であるという姿勢
2. 教育的機能
終活の広い知識を有し、生活者に終活の教育支援を行う
3. 管理機能
日本社会のルールの中でより良く生活ができるようリスクを察知し、生活者が自己管理・自己判断できるようにサポートする

“老い”が原因で不安を抱えている人が持つ、ライフエンディング期における複合的に絡み合った問題を、「6つのカテゴリ」 マネー / ルール / カラダ / ココロ / ケア / クヨウに分類した専門知識と経験をもって、それぞれの原因を解明し、 身体機能・認知機能の低下が始まっているシニアに対して適切な手法で適切なアドバイスを行うことで、問題を解消するサポートを行う人材の育成を行います。

終活診断士を取得するメリット

  1. 専門家が終活について自分の専門分野以外についても広く知識を持つことで、終活に取り組む生活者に適切な対応ができるようになります。
  2. 対人援助の正しい知識とスキルを学び、より良い支援関係をつくることができます。

終活診断士をご活用いただける分野

  • 弁護士・司法書士・行政書士などの士業の方
  • 保険販売・FP などの金融関係の方
  • 医師・看護師などの医療関係の方
  • 傾聴者などカウンセラーの方
  • ヘルパー・ケアマネージャー・ソーシャルワーカーなどの介護関係の方
  • 葬祭ディレクター・お墓ディレクター・仏事コーディネーター・宗教者などの供養関係の方
ご注意ください
終活診断士は相続問題や遺言、相続税の診断をする資格ではありません。
法律問題のアドバイスを有料で行うことは弁護士にしか許されていません。
また、税務問題については判断やアドバイスも税理士にしか許されていません。

受講のお申し込みはこちら

Copyright (C) qol.or.jp All Rights Reserved